2008年10月14日

北海道二風谷

今年の8月にキャンプを初めて1週間した北海道。大自然に囲まれ、雨のさったあとの美味しい空気に、新鮮なお野菜、自然の中に生かされている感覚。
心が裸になっていた。。。
そんな所で出逢ったアイヌ語学学校の山道康子さん、二風谷でアイヌの文化や言葉を教えている。
別名アシリレラさん。
いつもニコニコしていて、みんなの母。
私に「あなたはどこから来たの?」と聞かれて、「東京からで、産まれは中国です」
レラさん「中国のどこ?」私「満州です」レラさんの表情が変わり「満州!?
大変だったわね。日本に来ていろいろあったでしょう」私「いいえは嘘になるので、大変だったけど、でも私の育ての親だと思っていますよ」レラさん「あなた知ってる?ここ北海道に満州鉄道をつくったりしていた人達とかが中国から連れて来られて帰さないでみんな殺して埋めた浜があったり、朝鮮やアイヌの人達も沢山殺されて死んだよ。私らは毎年そういう所に行き巡礼したりしているのよ。是非あなたに来てもらいたいわ」私「えっ。ビックリして言葉にならなかった。」私が知ってる日中でのひどい話は734部隊のこととかが多かったけど。。。
それから東京にもどりそのことが気になって、もう一度北海道に行き一緒に巡礼をすることにした。
posted by chi at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。